セットはアタックの補助的役目

良いセットじゃないとベストなアタックは打てない。何度も何度もタイミングを合わせてベストなタイミングをつかむ。

教えられてできるものではない。反復練習でつかむのだ。

トスの画像

バレーボール、昔の用語が通じなくなっていました。セッターがアタッカーに上げる球は「トス」でしたが、いまは「セット」。「レシーブ」も相手サーブを拾うと「レセプション」、スパイクなど他の球を拾う場合は「ディグ」だそうです。

強いチームになるためにはレシーブが上手なことが必須条件です。反復練習でコツをつかみます。

Volleyball, the old term wasn’t understood. The ball that the setter raises to the attacker was “toss”, but now it is “set”. “Receive” is also “reception” when picking up the opponent’s serve, and “dig” when picking up other balls such as spikes.

Good receiving is a prerequisite for becoming a strong team. Get the hang of it with repetitive practice.

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP